銀行印は他と兼ねるべからず

イメージ画像

印鑑って、大きく「実印」「銀行印」「認印」があるのをご存知ですか?うちの旦那、結婚するまで実印も銀行印も認印も、ぜ~んぶ一緒だったんです。
もちろん全部変えさせました!この二文が「え、何がいけないの??」という人はご用心。
たぶん恐ろしいことをしていますよ。
実印と銀行印と認印で、いちばん大事なのは実印……と答える人がとても多いのですが、実は不利益を被りやすいという観点からいえば、もっとも大事にしなければならないのが『銀行印』です。

実印は、確かに土地・家・自動車など、大きな財産を管理するのに使用される印鑑ですが、大きすぎるためにその管理も厳重。
あまり犯罪の対象としては向いていないのです。
ところが、銀行印は、その名のとおり銀行に届けられている印鑑。
これが盗まれたり、あるいは偽造されたりすると、かなり高確率で不利益になることはいうまでもありません。

さて、どこにでも銀行印を押していたらどうなるでしょう?例えば、認印として銀行印を押す。
もちろん、書類上は有効なわけですが、たくさんの人の目に銀行印が触れてしまうことになります。
そうすると、そこから偽造印を作成して、適当な理由を付けて通帳を拝借してしまえば、お金を引き出すことも可能。

もっといえば、通帳がなくたって、引き落としの契約書を勝手に作ることもできるのです。
銀行印は、銀行印でなければならない場面以外では決して使用しないこと。
間違っても、認印や実印と兼用で使ってはいけません。

〔関連おすすめサイトのご紹介〕
スタンプ台不要で続けて捺印でき、仕事での事務手続きや書類の整理に大活躍!
そんなサンビーはんこを専門に取り扱ったWEBサイトがあります!
⇒快適捺印のサンビーをお求めなら《サンビー館》へ
完全なオリジナル印鑑
http://www.china-ams.net/
印鑑を使い分ける
http://www.ico-ne.org/

このページの先頭へ